Free Tree メンバー規約

メンバー規約・契約

以下はFree Tree メンバーの制作者規約です。Free Treeに関わるいかなる制作へ参加した場合にも、以下の規約に同意したものとみなされます。

一. 総則

1) 本規約にご同意いただくことによって、Free Tree メンバー(以下:制作者という)として活動を行うことができます。Free Tree(以下:当グループ)に登録をした者は登録を行った時点で、規約に同意したものとみなされます。

2) 登録とは、当グループのフォームからユーザー情報を入力し送信すること、また当グループの運営するいかなる作品の制作に携わった場合も登録をされたことになり、制作者とみなされるものとします。

3) 制作者が本規約に違反または違反したと疑われる行為を行った場合、当グループは制作者のアカウントを予告なく停止、または抹消、アクセス禁止、法的措置をとる場合がございます。

4) この規約は制作者が登録を終了した場合においても、当グループのコンテンツの一部に制作者が利用した痕跡があるかぎり適用されるものとします。また登録を終了した制作者の情報に関して、氏名、電話番号、メールアドレス、住所など、登録時に記入した項目(当グループが取得を要求した項目)以外の個人情報に関して、当グループが把握し得ないものについては、当グループがその事実を把握した時点で抹消するものとします。

5) いかなる理由によって登録を終了した者も、再び制作者として登録することは一切できないものとします。

二. 免責事項

1) 万一、当グループに関わる作品の制作によって、もしくは制作に参加できないことにより何らかの損害が発生した場合も、運営者及び制作者は、何ら責任を負うものではありません。

2) サイトのデータ等の内容、構成、規約等は、予告なしに変更、修正または中止することがあります。

3) 当グループで制作中の作品について、制作者は当グループの他の制作者の著作物を改変することができるものとします。また、完成品において深刻な問題が発覚された場合も運営者及び制作者は同様に該当する作品を改変することができるものとします。

三. 著作権について

1) 当グループで制作を行ったいかなる作品の著作権は、制作に関わった制作者全員が均等に有するものとします。個人的な利用やその他著作権法に よって認められる場合を除き、当グループの事前の許可なく、これらの情報を使用(複製、改変、配布等を含む)することを禁止します。

2) 作品の転載について
① 当グループの作品は、原則として当グループの制作者が著作権を管理しています。制作者の許諾がないまま、作品の一部または全部を引用・転載したり、改変したりすることは、当グループの著作権を侵害するだけでなく、著作権法違反で刑事責任を問われる可能性があります。

3) 私的な利用の範囲について
① 当グループの作品をご家庭内で利用することは、何の問題もございません。インターネットのデータをパソコンの記憶装置に記憶して利用することは可能で す。しかし、著作権者に許可がないまま、データを個人のパソコンの記憶装置から個人のホームページに掲載したり、ネットワーク上に掲出することは、私的な利用を逸脱した行為です。

4) 作品の宣伝利用について
制作者は、当グループの宣伝のために当グループで制作した作品を利用することができます。しかし、作品を利用して収益を得ることは宣伝としての利用範囲を逸脱した行為です。

5) 作品の利用について
当グループで制作した作品を利用する場合、楽曲利用料を制作者に支払わなければなりません。制作者の中にJASRACの会員及び信託者がいる場合はJASRACを通じて利用料の支払い、及び分配を行うものとします。

四. 利益の分配について

1) 当グループで制作を行ったいかなる作品から得られる利益について、制作に関わった制作者で均等に分配するものとします。

2) 制作者は、当サイト作品データベースにて個別に名前が記載されている者が制作者として分配される権利を有するものとします。

五. 経費の折半について

1) 制作時に必要な経費については、利益の分配時に折半できるものとします。

2) 制作時に必要な経費について、共同制作者が賛同する場合には製作段階に折半できるものとします。しかし、利益が確定していない製作段階において折半に強制力はありません。

3) 当グループではグループ制作者の能力を活かした制作活動に重きを置いているため、外注制作による折半は推奨するものではありません。

分配・折半についての事例

 分配・折半についての事例を紹介します。

4人が制作した楽曲が使用されて2000円の著作権使用料が利益として入ってきた場合

 この場合は

 2000/4 = 500 円

 となり、1人あたり500円の分配となります。

4人が制作した楽曲3曲を含めた計10曲をメンバーの1人が個人ライブで披露して10,000円の売上が得られた場合。ただしライブ会場費用は5,000円かかった

 次の4名で制作した場合を考えます。

  • 作曲
  • 作詞
  • ミックス
  • ボーカル

 個人ライブの場合であってもFreeTreeで制作した楽曲を歌う場合はメンバーとしての活動とみなされます。

 つまり、この場合10曲中3曲がFreeTreeでの活動とみなされるので、

 10,000 x 3/10 = 3,000 円(FreeTreeとしての売上)

 がグループでの費用を除いた売上になります。更にこれを4人で割るので、

  3,000 / 4 = 750 円 (一人あたりの売上)

 となり、一人あたり750円の分配となります。

 さらに、このとき楽曲の利用料としてJASRACに400円を支払う場合、売上から差し引いて折半することができます。

 400 / 4 = 100 円 (一人あたりの負担額)

 750 – 100 = 650 円 (売上から負担額の差し引き)

 となります。

 さらに、JASRACから会員を通じて分配される場合は制作者全員がJASRAC会員になる場合はスムーズですが、そうでない場合には分配額を計算して会員から直接差額を分配するようになります。

 ここから、ライブ会場費用(3曲分)を折半する場合は次のように計算します。

 5000 x 3/10 = 1500 円 (メンバー全体の負担額)

 1500 / 4 = 375 円 (メンバー1人あたりの負担額)

 650 – 375 =275 円 (一人あたりの分配額)

 となり、1人あたり275円の売上が分配額となります。

4人が制作した楽曲3曲を含めた計10曲をメンバーの1人が個人ライブで披露して1,000円の赤字がでた場合

 この場合は、宣伝目的での利用とみなされます。個人ライブでの使用なので赤字分の折半もできません。

フォローする