シンガーソングライター上京物語~リアルな生活費の話~

だいぶ久々になってしまいましたが、シンガーソングライターの彩葉永華です。

さて、私は地元茨城からSSW(シンガーソングライター)になるべく、上京したわけですが、

現実問題としての生活は切っても切り離せないものです。

事実、上京する際に私は安全策として、「正社員」として東京に就職するという手段を取りました。まぁ、大変といえば大変でしたが、今思えばそれで正解だったのではないかと思います。

というのは、まず都内もしくは都内近郊で暮らすにはそれなりの生活費がかかるのです。

でもって、ライヴアーティストならライヴのノルマだったり、

作家であれば機材費だったり何かと軍資金が必要。

こんな夢のない話なんかするなよ!って思うかもしれないですが、現実も見てから上京しないと結構大変なことになります。

というわけで、私彩葉永華の上京物語と、切っても切れないお金の話もつらつらと書いていきたいと思います。

都内近郊に住むとして

住居費 安ければ3-4万~5~6万

楽器可能物件なら5-7万くらいかな。

楽器可能物件とそうじゃない物件と、両方に住んだことがありますが、

楽器不可物件だとまぁ気を使います。

本気で練習したかったらリハスタにいかないとでした。

リハスタの個人練習が安くて一時間500円だとして

10時間練習したら5000円

一日一時間練習したら15000円

結構な出費ですね。

もし、楽器不可物件に住む場合には家賃3-4万くらいのところを見つけて、リハスタ代を捻出するのが良いのかなと思います。

楽器可能物件にもいろいろありますが、音大生向けのとこだと23時くらいまでは音だしていい所多いです。

音大が近くにあるところだとわりと探しやすいと思います。

そうじゃない場合は

大概お風呂で歌います。

フォローする