蕎麦屋の椅子「物の気持ちシリーズ」

こんなん書いてみました。楽しんでもらえたら嬉しいです

分析屋の昼と恐怖の夜

さ~て、今日はどんなお尻に会えるかな?

え??

なになに、そんな非難するような目で引かないでよ。

戻って来い!って(笑)

いたって真面目に分析してるだけなんだからさ。

ドシン

あ~大きくて骨がしっかりしてるお尻だ

お、汗が男らしいな。

この腕の色と盛り上がり!筋肉労働もしてきているんだな。

推察、40歳、水道工事の監督

ノソッ

あ~大すぎるお尻だし、ふわんふわんっていうかぶわんぶわんっていうか(笑)

ちょっとお化粧がきつ・・・コホン!

昼寝のしすぎなのかな~・・よ、余計なお世話だよね、ごめんなさい。

推察、47歳、カルチャーセンター通ってます

コッソリ

あ~骨骨しいな、真面目さが骨にも出てる(どんなんだよ)

会社の引き出しもものすごく綺麗に整頓されてるんだろうなぁ。

でもさ、ちょっとくらいのんびりして欲しいな。

推察、52歳、総務課長

フワッ

あ~小さくてやわらかくて、本日のベストなお尻ってトロフィーあげたいくらい!

さりげない香りにもっと包まれていたくなる。

推察、21歳、女子大生 成城在住

ゴソッ

あ~、ん~、あんま興味ない(笑)

仕事頑張れ~

推察、20歳、多分運転手

ドッシリッ

あ~疲れてるんだね。

ごめんね、タメイキ、聴こえちゃったよ。

推察、60歳、居場所がみつからないサラリーマン

コンッ

あ~小さいね、ほら、動くなよ、喧嘩するんじゃないよ。

推察、9歳、小学生 兄弟が居る

タワッ

あ~何~~このお尻!

ベストなお尻変更だね。

ふわふわなのにしっかりしてて、ずっと居ていいよ。

なに?

そんな目で見ないでよ。本能だよ、本能!

推察、26歳、OL

ここまで読んでくれてありがとう!

蕎麦屋の椅子もいろいろ考えてんだぜ。

毎日、いろんなお尻に出会ってるからさ。

ただ出会ってるだけじゃもったいないからさ、こうやって毎日分析してるんだ。

お蕎麦を食べてる間に想像するって言うのもけっこう楽しいもんだよ。

当たってるか当たってないかは知らないけどね。

見届けたくても動けないも~ん。(責任回避)

わわわわわ、ご主人が暖簾をしまってる。

あ~~~やだやだ!

夜なんて大、大、大、大っ嫌いさ。

逃げたいけど、椅子だぜ?

ガタガタ言うくらいが関の山さ。

え?なんでって?

もうね、血が逆立つ恐怖が待ってるんだ。

ほら、ご主人がやって来たよ!

有無を言わせず僕は抱えられて真っ逆さまにされて

そのままテーブルに引っ掛けられるんだ

椅子なんてされるがままさ。

一晩中、サカサマで居る僕の気持ちなんて、てんでお構いなしさ。

電気まで全部消すんだぜ。

ま、夜だから当たり前っちゃぁ当たり前か・・

静まり返った夜の蕎麦屋では、僕と僕の仲間がひっくり返されたままで

体中の血が頭にのぼって息も絶え絶えだなんて誰も知らないだろうな・・・

朝が来て下ろされるのを知っているから我慢できるけど、

可愛いお尻にまた会えるだろうと思うから我慢できるけど。

さて、朝だ。

定位置にセットしてもらってホッ^^

ねぇ、僕の居る蕎麦屋に一度来てみて欲しいな。

お蕎麦も他のメニューも超美味しいし、僕も待ってるからさ!

分析してあげるよ!