楽園【歌詞】

最期の瞬間まで愛しい人の腕の中に包まれ死にたい

最期の瞬間愛する人の瞳の奥に

自分が映ってるのを見て安心して微笑んで死にたい

世界観としたらベルサイユの薔薇のような

宝塚のような

ミュージカルで使われるようなイメージで作りました


【楽園】

醒めないあなたの夢に溺れたい
愛しいあなたの夢に溺れて愛に侵され狂って
最後の最期の瞬間まであなたの腕の中で
あなたの顔を見つめたまま眠りたい

雨の最後の一粒がきっと私
あなたの瞳に私が映る海へ零れ落ちる事が出来たら
雨の最後の一粒がきっと私
例え永遠の別れでも笑ってあなたにさよなら言えるわ

醒めない幻に包まれ
愛しいあなたの夢が嘘でも信じさせて貰えたら
愛に導かれ愛を持つ人の上で囀る鳥に会えたら
私は例えその日を最期に死んでもいいわ

雨の最後の一粒がきっと私
あなたの瞳に私が映る海へ零れ落ちる事が出来たら
雨の最後の一粒がきっと私
例え永遠の別れでも笑ってあなたにさよなら言えるわ

私はあなたのすぐ横で微笑む鳥になりたい
永遠にあなたと共に醒めない夢に溺れて
決して戻れぬ禁断の海の底まで
そして「楽園」と呼ばれる幻の中へ

フォローする