終わらないmemories【歌詞】

メモリーズオフというゲームの作品が大好きで

そのボーカルアルバムに使ってもらえるような

イメージの歌詞を書いてみました その1

例えば両想いのふたりでも同じ人間じゃない
僕の持つふたつの瞳と君が持つふたつの瞳が
背中合わせに座って空を見たら
僕達に見える世界は違う
それでも僕達は同じ想いを抱いて同じ世界で生きてる
この中で永遠に紡がれるメモリーがある
終わらないmemories

【終わらないmemories】

回想シーンが流れるように移り変わる季節
その中にいつでも君がいた

想い出のページは永遠に捲れるよ
君の表情ひとつ取っても
瞳の輝き 唇の色 よく似合う風に揺れていたイヤリング
終わらないmemories

果てしなく今日から明日へ向かって続いて行く

芝生の上に背中合わせに座ったふたり
瞳の中に映る世界は違っても同じ想いを抱いてる 

想い出のページは永遠に捲れるよ
君がいるだけで僕の世界は180度変わったから
太陽の輝き 雨に濡れた靴 守りたい君が出来た事
終わらないストーリー

果てしなく今日から明日へ向かって続いて行く
終わらないmemories

フォローする