目薬【歌詞】

わたしには辛い世界だけど
あなたさえいればきっと大丈夫

【目薬】

わたしは辛い世界を見過ぎたから眩しい光に抵抗を感じて
素直に優しさを受け入れられないの

また裏切られる恐怖に耐えられなくて
大丈夫だよと慰められても信じられません

涙が溢れるから抑えるためわたしは目薬を点す
ぎゅっと壊れるくらい抱きしめられたい
言葉よりあなたの体温を感じるほうが安心できます
小刻みに震えてしまう身体中を抱きしめられたい

嬉しい事は早く忘れるのに嫌な事は記憶に残るから
わたしは目を閉じる癖が付いた
本当は広い世界を見たいのに

また絶対だめだ
大丈夫の言葉を信じたら傷付くのはわたしだけ

涙が溢れるから抑えるためわたしは目薬を点す
ぎゅっと壊れるくらい抱きしめられたい
言葉よりあなたの体温を感じるほうが安心するんです
言葉に示せない感情の奥深くをわかってほしい

涙が溢れるから抑えるためわたしは目薬を点す
ぎゅっと壊れるくらい抱きしめられたい
言葉よりあなたの体温を感じるほうが安心できます
小刻みに震えてしまう身体中を抱きしめられたい

まだわたしには少し
この世界は厳しすぎるけどあなたさえいれば

フォローする