何か1つでも印象に残る「強み」を作る

彩葉永華です!自分の投稿のカテゴリ名を編集しました。Freetreeには作詞家、作曲家、編曲家、シンガーと様々な分野で活躍するメンバーが揃ってますので、各人の得意分野でいろんな記事を提供していけます。その中で私は作曲家ではあるけれども、シンガーソングライターとしての活動のお話しをしていけたら良いのではないかと思い「彩葉永華のシンガーソングライター実践集」といたしました。

まあ、まだまだ自分でも実践しきれていないことも多いのであんまり偉そうなことはかけませんが(;^ω^)実践集と銘打ったからには沢山怪我もしながらやってみます♪

さて、今日のタイトルですが、ライヴにまだ出始まったばかりで経験が浅くても、お客さんの印象に残る「強み」を作ることについてです。

まだ活動を始めたばかり、あるいはライヴに出始めたばかりで、自分の音楽性が定まっていなかったり、演奏力に自信がなかったりすると、お客さんにどうアピールしたらよいかわからなかったりするかもしれませんね。

いやむしろ緊張してそれどころじゃない…他の人みんな上手いし自信なくしちゃうなあ…

とそうなってライヴに出るのが苦痛にならない為に、演奏力や音楽性がついてくるまでは、それ以外のところで何か印象にのこる「強み」をもっていると楽しくなります♪

私の場合ですが、ライヴ始めたばかりの頃は、演奏も唄もお世辞にも上手いとは言えないレベルでした。それでも毎回、見てくれたお客さん、しかも初めて会う方から「印象に残った」と言われていました。

なぜだったのか。

「君はMCが面白いね!」

と言われていました、十中八九(笑)「良い曲を書くね!」とも言っていただけましたが。

もともと人を笑わせるのが好きで、ライヴのMCも「何を喋ったら笑ってもらえるかな?」って毎回考えていたんですね^^

もちろんシンガーソングライターですから、音楽で評価されたいのが本音ですけど、

「MCが面白い彩葉永華(当時はステージネーム違いましたが)」とお客さんの印象に残ることが重要なんです。

MC以外でも、見た目でも良いですし、パフォーマンスでも良いと思います。

実は「上手い」だけだと「上手いね」で終わってしまうことも多かったり。。。

演奏レベルやなんかが追い付いたとしても+αで印象に残る「強み」を作っておくといいですね!

フォローする

コメント