作詞の豆知識♪

j-popは六行から八行を二番まで
演歌は四行から六行、多くて八行までを三番まで
時折演歌で十二行の歌詞もあるが
基本は四行から六行で三番まで

【演歌とjpopの違い】

演歌の歌詞→誰が見ても良い歌
jpop→歌い手に左右される

【わかりやすいサビ、わかりにくいサビ】
サビは曲の中で一番言いたい事、テーマを書く。
特にサビをわかりやすくするには
気持ちを書くのが近道。

1.演歌は5~7行を3番までで行動のみ理由はいらない
2.誰でもは薄くなるから誰か一人に向けて!
3.時間がない時はインパクト!
4.BメロはAメロと視線をはずす
5.サビに「この気持ち」という言葉を使うのは危険
  「どんな気持ち?」になる
6.真夏の暑さとか「温度」が大事
7.ありそうでないかんじのタイトル
8.地球儀とかアイテム使うなら書き切る責任を持つ
9.気持ちの中にちょっとの行動
10.こだわりなければ母音は「あ」が有効、「う」は一番少ない

順番は「あ」「お」「い」「え」「う」だけど「お・い・え」はそんなに差がない
11.1番サビは最後の繰り返しくらいに
12.サビ 感情

13.人物設定を最初に場面は後に

Aメロ 季節 場面設定
演歌→誰でも
j-pop→特定された個人やグループ

生ぬるい風→春

love youのあとに need youは入らない

理由はlove youよりneed youのほうが小さいから

例えを出す時は何が何みたいでとハッキリ!

「だから」と言う言葉は期待させる

眠れない→自分

眠れない日々を過ごす→他人

散る?落ちる?

葉桜・桜・蕾

バラードは言いたい事をふわっと

バラードは同じ世界観で視点を変えない
バラードは難しい言葉を使わない
どれか1つにしぼって!
聴いてる人が自分のものに出来ればいい

ビックリマークとかコンペは目で見るから気をつける
CDに出た時は耳で聴くから気にしないでいい

気持ち伝えすぎて行動忘れがちになったら

結局何が言いたいか説得力がなくなる
(気持ちから出てくる行動)

音によってインパクトは変わる

Aは情景、Bはカメラ目線はずして、サビは気持ち
小さいから大きいへ持って行く 1番好き→2番愛してる

【気持ちの書き方の違い】
西野カナ「会いたくて会いたくて」→脳内の歌
ソナーポケット「いつだって逢いたくて」→行動の歌

大切なのは
サビで行動と気持ちを絡めて行く事
書く時に気持ちか行動のどっちを書くかを決める事

【大衆ウケとマニアウケ】
大衆ウケ

理解(歌い手が聴き手に対して)
賛美
応援

マニアウケ

堪能
陶酔

・「大衆ウケ」要素をシチュエーションでうまく取り入れた例
アニソンについて
大衆ウケとマニアウケのさじ加減が最も重要。
初代セーラームーンのオープニングは
意味よりアニメの世界観
現代のセーラームーンは
メッセージ性が強い

シチュエーションだけで気持ちが入ってなくてもいい
例えば恋するフォーチュンクッキー

・ディズニーソング比較
ホール・ニュー・ワールド(歌:福井舞)
劇中歌だなという感じ

アナと雪の女王のlets it go(歌:松たか子)は
劇中歌っぽくない
これだけでも通じる
映画特有を排除してる

大衆かマニアかさじ加減が大事

【嫌われる歌とは?】

1.予想通り 退屈
2.しつこい
3.結論まで長い
4.自分の事ばかり話す
5.ころころ性格が変わる
6.八方美人(シチュエーションで共感させようとしてる)気持ちで動かそうとしよう

【ラブソングの基本】

恋の状態を明確に
1.出会い 付き合う
2.幸せ(ちょっと不幸スパイス)
3.悩み トラブル(愛してるゆえの)
4.別れ(悩みの理由を考えて)
失恋ソングには、少しだけ愛してるがゆえの悩み
幸せ恋愛中ソングには、少しだけ不幸のスパイス
相手の影が見えると良い

【ストーリー性のある歌の時間の流れ方】

常に同じ早さで流れている方が良い

【キャラクター以外の描き方】
1.情景を利用する(理由が見える)

2.アイテムを利用する(意味を持たせる)

【時代とアイテム】

今っぽさを限定しないように

例えば今だと携帯やスマホやラインなど

昔だとポケベルや受話器など

先の時代まで聞いて欲しい曲なのか

今を歌う曲なのかを意識する事も大事

【流行りのモト】

広瀬香美はなぜ冬の女王と呼ばれるようになったか?
冬、雪をポジティブにとらえてる
当たり前を砕く発想をしよう

【詞と詩は違う】

詩→ポエム、ポエムはわりと自由、目で読む
詞→メロディーがある、歌がつく、、耳で聴く
    主人公や共感や時代を意識する 世界情勢

【歌は何処で聴かれる?】
街、ライブ、テレビ、ラジオ、家、車の中、お店など

作詞家は「役目」「居場所」を考えて書く
時代や何処で聴かれるかを考えて書く

【シンガーソングライターと作詞家】

シンガーソングライターはわかりにくくても
伝えたい事が はっきりしていればいい
ある程度意味不明でいい

作詞家は詞に対してやる事が多い
言葉遣いはわかりやすくを求められている
癖 好きなもの キャラ 個性を意識して作ってあげる

【曲げてはいけない鉄則】
統一すべき3項目(原則)
トーン
キャラ
テーマ この曲で言いたい事

曲の内容を一言、おしくは一行で説明がつく
テーマは必ず1つ

【歌の構成】
5w1h 誰が いつ は常に共通
いつ 何処で 誰が 何を 何故 どのように

いつ 誰が ここが基本で抑えておく
どこではなくてもいい
何をの部分がテーマになっててサビになっている
何故 どのように は 何をに含まれている事が多い
サビで何処で何をしたか上手く説明を入れる

1番Aメロ→情景
1番Bメロ→カメラ目線を変える わりと何書いてもいい
        ちょっと良い事 腕の見せ所
1番サビ→伝えたい事 気持ち
2番Aメロ→1番より時間が少し先
       今から半日は良いが今日から来年はダメ
2番Bメロ→1番と同じでサビに戻ってこれるように書く
2番サビ→1番と同じで1番より弱くていい
       遊んでもいい 名言が生まれたら大サビへ
【ポイント】1番から2番に向かってゆっくり時間が流れている

【イイ歌とは?】
聴き手が決めるもの。聴き手の立場に立つ事。
イイ歌はわかりやすさが前提。

3つの「イチ」の法則
Aメロ15秒~20秒で耳でわかる
1番だけ聴いてわかる
1回聴いてわかる

自分で書けていると思ってても
伝わってない事が多々ある
曲を沢山聴き、詞に耳を澄ませる事で
わかりやすく書けるようになろう

【イイ歌のための要素とは?】
クオリティ
インパクト
共感
メッセージ

クオリティとインパクトは
作曲家の仕事
共感とメッセージは作詞家の仕事

【メッセージ】
メッセージどんな曲でも、強くても弱くても、
ひとつは作ると良い。
作詞家→コンペの発注時にヒントがある
シンガーソングライター→メッセージを作る事に意識する

【共感の近道 主人公ってどんな人?】
主人公は普通の人。そして格好いい人。
時代によって変わる人物像
(例)女々しくて→本当に辛いのか?

1992年ティーボラン「こんなに女々しいちっぽけな俺さ」
1995年工藤静香「女々しいよ いつまでもA探し続け ちゃらちゃらと遊んでるあなた」
1996年長淵剛「情けないほど女々しく泣くよりよっぽどましだ」
1999年ゆず「女々しいって言われたって構わないさ 走り出す列車に急ぎ足で乗り込むんだ」
2000年相川七瀬「こんな男だったなんて思いたくなかったよ 男らしさが売りじゃなかったの?今や女々しさ全開!」
2002年グレイ「どうか女々しさを許して欲しい sorry my love」
2009年ゴールデンボンバー「女々しくて辛いよ」
2009年関ジャニ「女々しいと笑われそうだけどあのままずっと愛し続けた」
2011年桑田佳祐「横浜の港でフラれた後に 酔って絡むは女々しい友達-ツレ-さ」
2012年吉田山田「少しだけ女々しいそんなボクと男らしいキミのストーリー」
2013年ソナーポケット「気付けば一番嫌いだった女々しいタイプになってたんだ」

【インパクト】
新しさ 言葉として珍しさ

【歌言葉にない言葉】
イメージは可愛いとか残す

【時代として新しい言葉】
定着した今の若者言葉
歌言葉を考える

【メッセージとして】
日常で拾える社会をとらえたもの

【音に上手く乗せる事の大切さ】
音にあったらそれをテーマに…

サビの音は「あ」→「い」→「お」→「え」→「う」
が歌いやすくて「あ」から始まるものが多い
「う」から始まるものは少なく
「う」の4倍「あ」から始まる歌がある
歌い手の顔を思い浮かべるのも大切。

コンペの時に
アーティストの勉強
この人達にこれ言わせるの?と言う
意外性とインパクトを一個入れる

コンペは書く前に
120まで作って100に戻す
20の部分が直しと戻し作業
そして100にする

コンペの時は
紙に「サビ」と書いておくといい

まずはテーマを決める
言いたい事(この曲で)を一行で
なるほどが欲しい
とにかくサビには気持ち
サビ以外に気持ちが入ってたら直す

ちょっとドラマを意識する
派手にする
風→どのくらいのどんな風?

ライヴの歌詞の場合は上から目線にならないで
僕らも君らと一緒だよという
お客さんと距離が近い歌詞にする
呼び掛けが大事
「ほら」とか「○○してみよう」という感じで
「だろう」ではない
聴いてるお客さんの顔も想像して書くとさらに良い
ライヴは簡単な言葉の歌詞
アニソンと世界観を書くもの以外基本簡単な言葉
バラードは聴き手のものになるように
「何故」「どうして」を使う時は覚悟が必要
一人に向けて書いてもリスナーが拡大解釈してくれるよ
聴かれたら言えるように裏で決めておく
今をぶらさない今と昔の違い

曲を作る人は最初からよりサビから見るから
「ここが売りです!」を1つ作っておく
タイトルの音を意識する
○○を使って○○を言いたい

【レッスン】
夜 今日一日の出来事をピックアップ
1.タイトルにする
2.漢字一文字で書く
3.擬音語・擬態語にする
4.数字にする
5.台詞にする)サビに
6・長いタイトル)来る
7.英語にする

【コツ】
音に上手く乗せるようなボキャブラリーが必要。
レッスン:笑顔を20個言い換えてみよう
笑顔・微笑み・にこやか・など
weblio辞典 クロスワード辞典などするといい

フォローする