【歌詞】キミは雪の精

手の平を開いたら落ちてきた雪
掴もうとしたけれど消えてしまった
目を閉じた時 浮かんだの
キミの破片―はへん― 笑顔が…

白い花 粉雪は恋の調べよ
少しづつ零れてく時間―とき―の砂時計
キミが振り向く夢を見た
聴かせて…キミの声を…

今すぐ キミの美しさと
一緒に…「キミは妖精なの?」
優しい声が聴こえないよ。
冷たい雪が舞い落ちる…

手の平を開いたら落ちてきた雪
掴もうとしたけれど消えてしまった
「キミは迷子の雪の精?」
「何処にいるの?」教えて…

今すぐ キミの美しさと
一緒に…「キミは妖精なの?」
「姿を見せてくれないかな?」
冷たい雪が舞い落ちる…

今すぐ キミの美しさと
一緒に…「キミは妖精なの?」
優しい声が聴こえないよ。
冷たい雪が舞い………………………

フォローする