味と音楽を結びつける…??

みなさんお久しぶりです、Gucchieです。

思えばそろそろ十五夜ですが、まだまだじんわりと汗をかく日々が続いていますね。

最近あっという間に過ぎてしまう秋なので、じっくり雰囲気を楽しみましょう!

さて、今回はちょっと僕の解釈に寄ってしまうのですが、音と音楽を結びつけるとしたらどうなるか?というお話をしたいと思います。

まず、味の種類を整理する。

まずはどんな味があるかというところを整理します。

生理学的に味覚は以下の5つに分けられます。

1,甘い(甘味)

2,酸っぱい(酸味)

3,苦い(苦味)

4,しょっぱい(塩味)

5,うまい(旨味)

となりますが、便宜上ここに“辛味”も入れて6つにします。

味と音楽を結びつける。

いよいよ本題です。味と音楽を結びつけてみましょう。

甘い、酸っぱい、苦い、しょっぱい、うまい、辛いの6つになります。

まず、これら6つの単語は形容詞で、味と音楽は名詞であるため繋げても意味は通じます。

甘い味、甘い音楽となりますね。そのようにしてから探して結びつけます。

甘い音楽とは?

僕が真っ先に思ったのがやはりムードある楽曲や、恋愛ドラマや映画にあるようなBGMを感じました。食べたり聞いたりした瞬間ムードいっぱいのメロメロになるようなものですね。

数多く見つけるとは思うのですが、僕が直感で思ったのはDREAMS COME TRUEのLOVE LOVE LOVEです。このような感じの曲が甘い曲なのかな?と思いました。

「DREAMS COME TRUEのLOVE LOVE LOVE」

酸っぱい曲

酸っぱい曲になると、どのように考えたらいいか迷いました。

甘酸っぱい初恋を思い出す曲か、レモンのように爽やかで元気いっぱいの曲になるか。

と思って書いている時にこの曲を思い出しました。

「MajiでKoiする5秒前」

ここでは広末涼子の”MajiでKoiする5秒前”を挙げましたが、若い女の子が大好きな男の子に好きな想いを爆発させるようなものが酸っぱい曲になるのかな?と感じました。

苦い曲とは?

そして、苦い曲になります。

苦しい、ツラい、でも今は発散したこともある…というような”良薬口に苦し”という曲になるのでしょう。

でも、曲としてはただツラい想いを唄ったものよりは、”今は辛いけどきっとこうなりたい”という希望を持たせた曲の方が多かったり、ウケがいいのかもしれません。

また、なるべく刺激しないようにおとなしめの曲調がそのようになるかと思われます。

「CHEMISTRY You Go Your Way」

苦い味、苦い思い出を歌うという意味で、CHEMISTRYの”You Go Your Way”を選びました。

しょっぱい曲

さらに難しくなってきました(笑)、しょっぱい曲です。

しょっぱいをどのように捉えるか考えました。

①しょっぱい曲→ちょっと恥ずかしい情けないような雰囲気の曲。

②しょっぱい思い出を唄ったしょっぱい曲→振り返ると嫌な気持ちになる過去の出来事を唄った曲

これらを考えると、②は苦い曲に雰囲気が被っている気がします。①を重視して考えると、コミックソングに寄っていく傾向もあります。

と、書いているうちにこの曲を思い出しました。

「帰って来たヨッパライ」

歌詞を見ても、曲の雰囲気を見ても当てはまっていると思いました。

“オラは死んじまっただ〜”でおなじみのザ・フォーク・クルセダーズの”帰ってきたヨッパライ”です。

辛い曲

ちょっとうまい曲を飛ばして、辛(から)い曲を考えます。

辛い味のイメージは激しい、汗をかく、ツラい…というようにすこし病的な活発感があります。

というわけで、この曲を挙げてみました。

Korpiklaaniの”Happy Little Boozer”です。

タモリ倶楽部の空耳アワーで使われたことあります。

フィンランドのバンドなのですが、メタルの雰囲気で飛び跳ねて悶絶するような雰囲気が出ているのではないかと思いました。

旨い曲とは?

そして最後、旨い曲です。

旨い思い出、旨い味というところを考えてみてもいろいろな種類があります。

①しっかりした味付けだけど、くどくなくていくらでも食べられる旨い味

②薄い味付けだけれども出汁の風味広がる旨い味

といったところがあります。

そうなってくると僕の解釈では長年愛されている味、割と最近だけど愛されている味。

いわゆる“定番曲”ではないかと考えました。

とはいえ、ノリのいいポップス曲か、ゆったりとしたバラード、演歌のような曲というところでも違うので、この2曲を挙げます。

「SMAP:世界に一つだけの花」

「美空ひばり:川の流れのように」

SMAPの”世界に一つだけの花”、美空ひばりの”川の流れのように”が定番でヒットしている旨い曲というところで挙げました。

歌が上手い、BGMがいい…etcあげると最後は個人差というところになってしまうので、最終的には自分がよく聴いているお気に入りの曲というところに当てはまるのではないかと思いました。

Gucchie的にはSMAP5人揃って歌う姿が見られないのが寂しいですね…。

まとめ

と、僕の解釈になりますが味を6種類挙げて考えた曲を挙げてみました。

もちろん、個人差といってしまえばそこまでなのですが考え方としてはこのような形で当てはまると考えています。

もし、こっちの方がこの味に当てはまっているよ!という曲があれば、ぜひ教えてくださいね!!

フォローする