心地よいシゲキを自分に

シゲキ、その①

毎日のルーティンをちょっと変えてみる

例えば・・・

知らないところを歩いてみよう

■降りたことのない駅で降りてみよう

降りたことのない駅で降りて歩いてみるのもいい・・と聞いたことがあります。
もちろん、そこは見たことのない景色ばかりだから刺激たっぷりですよね?!

たっぷりですが・・ただ・・・私にはひとつ難点があります。
もう、すっごい方向音痴(笑)
帰って来られなかったらどうしよう!!!・・との思いから、なかなか実行出来ません。

でも・・・今はスマホがあるので、今度ドキドキしつつチャレンジしてみようかなと画策してはいるのですが。

■いつも通る道を一つ違う場所で曲がってみよう。

先日、地元の普通の住宅街をいつも曲がる所じゃない所で曲がってみたんです。
大きな家が多かったり、珍しい花が咲いてたり、坂道だったり、工事中だったり、なんだかすごく新鮮。

ほんの2-3分の事なのにね。

そうそう、驚いたことがあったんです!

住宅街にある自販機の前を通ったら、
「冷たい飲み物はいかがですか?」と勧められたのです。
そう、自販機に。

いやいや、今日は涼しいし(笑)
・・・なんて思って通り過ぎましたが。。。

ふと、もし、この自販機が渋谷とか新宿の繁華街にあったら、
「冷たい飲み物はいかがですか?」と勧め倒すのかな?と思ったら
ひとりで歩いてるのに笑いそうになっちゃいました。
あの人混みで通る人みんなに言ってたら、どうなるのかな?

「うるせーよ」って言われるか、「おもしろ~い」って笑われるか

言い過ぎて自販機が疲れちゃうか・・なんて妄想が止まらなくなっちゃいました(笑)

■自販機目線の詞を試作してみました

妄想ついでに自販機目線の詞を書いてみました。

通り過ぎる あの人 どこへ行くんだろう
はじめてみる顔だわ わりと中肉中背

勇気を出して そっと声をかけてみた
「冷たい飲み物はいかがですか?」

なんてことなの 一瞥もせずに 通り過ぎた
夏の終わりのような 寂しい気持ちになった
もう一言だけ 付け足せば振り向いたかな
「カロリーオフなのにすごく美味しい」と

なんてね^^;

ではまた