見出しタグの上手な使い方について

 メンバーの皆さんが記事を書き始めたので見出しタグの上手な使い方について書いていきたいと思います(*´∀`*)♪

見出しタグとは

 見出しとは、記事中にいくつかテーマを含めたい時に使用する「小さなタイトル」で、次のようなものが見出しです。

 ↓このように記事中の小タイトルとして、大文字や色で装飾されています。

 この記事中の冒頭部分「見出しタグとは」も実は小タイトル(見出し)です。

WordPressで見出しを付ける方法

 Wordpressでは投稿画面から簡単に見出しをつけることができます。

(1)見出しをつけたい文字を選択する。

 まずは見出しにしたい箇所を次の画像のように選択します。

(2)見出しの大きさを決める

 投稿画面から「段落」と言う箇所を見つけクリックすると、数種類の見出しを選べます。

見出しのルール

 見出しにはいくつか付けるためのルールがありますのでみていきましょう。

(1)見出しは大きい順に使う

 見出しは、「見出し1」→「見出し2」→「見出し3」…の順に小さくなっていって、小さい見出しは大きい見出しの中に入れ子にして使用できます。

 しかし、例えば「見出し1の中に見出し1を入れたり」、「見出し2の中に見出し1を入れたり」ということはできません。

(2)記事中には「見出し2」よりも小さなものを使用する

「見出し1」は記事のタイトルで既に使用されているため、記事中では「見出し2」よりも小さいなものを使用してください。

(3)見出しを入れ子にする場合は間に文字を挟む

 例えば、次の例では見出し2の中に見出し3を入れ子にしていますが、2つの見出しの間には文字がありません。

 この例は次のように使用すると検索エンジンで有利に表示されます。

箇条書きにはリストを使用する

 もし箇条書きを使用したい場合には「リスト」を使用します。

 リストを使用すると次のような箇条書きを作れます。

  • 文字
  • 文字
  • 文字
  1. 文字
  2. 文字
  3. 文字

 リストには番号付きのリストと番号なしリストがあります。場合によって使い分けてみてください。

まとめ

 見出しの使い所はなかなか悩むところですが、使っているうちになんとなく見やすい配置になってきます。最初のうちはあまり気にせずどんどん書いてしまいましょう^-^ノ♪

フォローする