作詞のあんなこんなトーク

はじめまして&こんにちは。

音に乗る言葉が大好きで作詞が大好きで今に至っている
作詞屋(何でも作る作詞の職人が目標)の つのだゆみこ と云います。

なんとなく知った話、なんとなくやっている事を
お話していけたら・・・と思っています。

ではでは、第一弾です。

既存のタイトルを歌詞の中に入れてもOK?

過去の実例や自分の経験に基づいてまとめてみました。

■Mi-Ke 「想い出の九十九里浜」(実例)

当時、あ、この部分もタイトルだ、いったいいくつ入れ込んだんだろう?

上手く組み合わせたなぁ・・と感心したのを覚えています。

既存の歌詞の中のフレーズを使いたいけど、この作品のあのフレーズだとわかってしまったら

どうしよう・・パクられたと思われるかな?著作権とかあるのかな??
などど悩んだことはありませんか?

タイトルだからといって著作権の保護対象にならないわけではないのですが、
タイトルは普通、短いものがとても多く、創作性がないため、著作物に該当しないそうなんです。

極めて少ないとは思いますが、
もし、ものすごく長くてものすごく個性的なタイトルがあるとするなら著作権の保護に関係してしまう可能性があるかも知れません。

が、ごく一般的なタイトルなら歌詞の中に入れることは問題ないはずです。

■使用例

去年書かせていただいた作品でラップを8小節入れようとなった時、ふっとこの事を思い出し、そのアーチストの過去の作品のタイトルをそのまま、または使いやすい部分だけを使用して8小節で13のタイトルを入れ込んだラップ部分を作りました。

ちょうどレコード会社を移籍した時だったので、
こういう作品を歌ってたんだっていう紹介にもなるし
むしろこのほうが良い!と言って頂いてヨカッタ♪と胸をなでおろしたことを覚えています。

■練習として

全然関係のないタイトルを幾つか選んで、それを組み込んだ歌詞を作ってみると今までの自分にない歌詞が生まれてくるかも???ですよね。

ちょっとだけチャレンジ♪

小さな恋の歌(MONGOL800) 365日の紙飛行機(AKB48)
キミを想いながら 歌い続けたよ
見たこともない景色(菅田将輝)ずっと、ふたりで(家入レオ)
見られると思っていた

サヨナラありがとう(GReeeeN) 僕らの物語(GReeeeN)
ハッピーエンド(buck number)には ならなかったけど
この胸のメトロノーム(米津玄師)リタルダンドにしながら
明日へ歩いてゆく

全然関係なく・・・もなかったですね^^;

そして、短いですが(汗)

以上、何かの参考にして頂けたら幸いです。

ではまた