隣り合ったドとレでもハーモニー!? テンションコードとは?

みなさんこんにちは、Gucchieです。

夜ならこんばんは、Gucchieです。(笑)

今日は、前回のハーモニーあれこれ話から発展させていきますが、

隣同士の“ド”と”レ”を使ったハーモニーというものを説明します。

ドとレを使ったハーモニーって?

前回お話ししたケースですと、ハーモニーの基本は一つ飛ばしの音(例えばドミソ)でしたね。

でも、”ド”と”レ”って隣同士じゃん!!と思いますよね。

ところが!

鍵盤を見ていただきましょう。

ドレミファソラシドから、さらに次の高さ(オクターブ)にドレミファソラシドが続いています。

これをドから始めて一つ飛ばしで音を鳴らすと、

“ド”、”ミ”、”ソ”、”シ”、”レ”

と、なります。ドとレがでてきました。

それでは楽器持っている方は実際に鳴らしてみましょう。

いかがでしょうか?

気持ち悪いどころが、むしろ少しおしゃれな感じになったでしょう?

(コードでいうとCM7(9)となります。)

ドミソだけの和音は安定した感じになりますが、

さらにシとレを合わせることによって、おしゃれになります。

んじゃ、テンションコードって何?

では、タイトルにもありますテンションコードってなんでしょうか?

結論から言いますと、先ほど上の項目で挙げましたハーモニーの”ドミソシのことを言います。

なぜそうなるかと言いますと、音の呼び名は”ドレミファソラシ”です。

が終われば次は高い”“となります。

マだの、ヴだの呼び名にはならないですよね(笑)

ドから始めた場合、ドは1度と呼ばれます。

それから順に、レは2度、ミは3度…となり、シは7度となります。

そして、次の高いドは8度となりそうですが、最初のドと同じ響きなのであまり8度とは呼ばれません。

ところが、ドミソシは厳密には最初のドの隣である2度のを使っていません!

この場合の高いは9度と呼ばれます。

そして、高いドより突き抜けた9度の高いを使ったため、テンションコードとなります。

もちろん、ドミソシレの次の一つ飛ばしのファ11度のテンションコード。

13度のテンションコードとなります。

そして、次はドに戻るのでテンションコードではなくなります。

皆さんも、いろんなハーモニーを見つけてくださいね!!

画像著作者 allvectors.com

フォローする